「みんなでんしゃ」「あそんであーげない」

こんにちは、キッズぽんての齊藤です

今日のカリキュラムは読み聞かせです

「みんなでんしゃ」と

「あそんであーげない」の二本立て!

「みんなでんしゃ」は森の中の駅のお話です

各駅で、クマや羊等たくさんの動物にであいます

絵がとてもきれいでカラフルなので

絵の変化を見ているだけでも楽しい仕掛け型大型絵本です

「あそんであーげない」は、皆と遊ぶ時に「順番」を守ることでみんなが気持ちよく遊べることを教えてくれる内容です

がちがちに決められたルールの中で遊ぶことはとても窮屈ですが、最低限の「お約束」はみんなに少しずつ伝えていきたいです

ちなみに「遊んであーげない」という台詞は

公園の滑り台さんやブランコさんが、ルールを守れない狼くんに言った言葉です

このようなアニミズム表現はみんなにもわかりやすいかも、と思ってこれを選びました

皆がお友達と遊ぶときに、このお話が少しでもよぎるといいな…なんて思います(笑)

後から紙芝居の感想を言ってくれるようになったこともうれしい進歩ですね